2010年11月09日

黄梅院

秋の特別公開で、大徳寺塔頭、黄梅院も公開されています。
しかし、今年は書院を改装していてちょっと残念(x_x;)
おまけに写真撮影は前庭だけとの事でした(`Δ´)

黄梅院.JPG

織田信長公が28歳で初めて入洛した永禄5年(1562)、父・信秀の追善菩提のために建立されました。
春林宗俶(しゅんりんそうしゅく)和尚(大徳寺第92世住持)を開祖に迎え「黄梅庵」と名付けられたのが始まりだそうです。


黄梅院2.JPG         黄梅院4.JPG
紅葉はやはり11月下旬が見ごろだと思います。

黄梅院3.JPG
入ってすぐ右手にある石柱
蒲生氏卿公墓地
小早川隆景卿墓所
河春寺殿 毛利元就公 家一門霊所
萬松院殿 織田信秀公 霊所

黄梅院5.JPG         黄梅院6.JPG
この奥に長い回廊があってきれいなのですが・・・

本堂の前庭には、破頭庭という手前半分を白川砂で川の流れを表している庭があります。
また、黄梅院の庫裡は、小早川隆景が天正17年(1589)に寄進した建造物で、日本最古の禅宗寺院の庫裡となっています。
切妻造板葺で、火番寮・典座寮・納所寮・知客寮・旦過寮とそれぞれの寮舎になっており、禅宗寺院の生活様式をそのまま現在に伝えています。

本当に、写真が撮れないのが残念です。。。

大徳寺塔頭 黄梅院(おうばいいん)
住所:京都市北区大徳寺町
平成22年10月9日(土)〜12月5日(日)10:00〜16:00
バス205・206系統、「大徳寺前」下車すぐ
posted by べにちゃん at 17:55| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168837231
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック