2014年03月28日

菅大臣神社(かんだいじんじんじゃ)の梅と桜

暖かくなって、桜が一気に開花しましたねぇ(*´∀`*)

菅大臣神社は、道真公の邸や、菅家廊下といわれた学問所の跡で、誕生の地と伝えられています。
境内には、梅や椿、桜の木があり、今はどれも咲いています(((o(*゚▽゚*)o)))
菅大臣天満宮 (7).JPG    菅大臣天満宮 (1).JPG    菅大臣天満宮 (3).JPG

また、道真が太宰府に旅立つ前に、「東風(こち)吹かば 匂ひをこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ」と歌を詠んだところ、道真を慕ってその梅が一夜のうちに道真の住む屋敷の庭まで飛んだという「飛梅の地」が当社であるとされています。
菅大臣天満宮 (8).JPG    菅大臣天満宮 (9).JPG    菅大臣天満宮 (6).JPG

道真没後、京都では異変が相次ぎ、道真の怨霊の祟りとされていました。
そのため、道真邸跡にも御霊のための社が造営されたとみられています。

菅大臣天満宮 (4).JPG
菅大臣神社(かんだいじんじんじゃ)
住所:京都市下京区仏光寺通新町西入菅大臣町
TEL:075-351-6389
拝観時間:9:00〜17:00
posted by べにちゃん at 23:10| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花・・いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/392950839
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック