2012年07月07日

笹屋昌園

京福電車の「龍安寺」駅からすぐのところにある和菓子の老舗「笹屋昌園
笹屋昌園2.JPG         笹屋昌園.JPG

こちらのお店には、ちょっと変わった「白いわらび」があります。
このわらび餅は、「とようけ屋山本」の豆乳を100%使用したわらび餅で、ぷるんとした食感に少し大豆の香りがするさっぱりしたわらび餅です。
笹屋昌園3.JPG         笹屋昌園5.JPG
きなこと黒蜜が2種類付いています(*^_^*) ちょっと変わってるのでお土産には良いかも。

サービスで、つぶ餡と最中の皮が別々になってる最中をいただきました。
こちらも、さっぱりした味で皮もパリパリで美味しかったです(*^^)v
笹屋昌園4.JPG         笹屋昌園6.JPG

笹屋昌園 地図
住所:京都市右京区谷口園町3−11
TEL:075-461-0338
営業時間10:00〜18:00
定休日:火曜定休
posted by べにちゃん at 00:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとしたお土産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

ロンドンヤ

新京極を四条から上がってすぐのところにロンドン焼きの「ロンドンヤ」があります。

ロンドン焼.JPG

白あん入りの一口サイズのカステラ饅頭。
昭和20年創業の味は、今も昔から変らない製法で作られてます!
久しぶりに食べると、懐かしい〜(●^o^●)


ほどよい甘さで、いくつでも食べてしまう(^_^;)・・・一つ50円です。
ロンドン焼2.JPG    ロンドン焼3.JPG    ロンドン焼4.JPG
「箱入り」ではなく「包み」で買うと箱代がかかりません。一つからでも買えますよ(*^^)v

ロンドンヤ
住所:京都市中京区新京極通四条上ル中之町565
TEL:075-221-3248
営業時間:10:00〜21:30(金・土・日・祝・祝前日22:00)
年中無休
posted by べにちゃん at 22:54| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとしたお土産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

吉廼家 (よしのや)

最近、京都特集の本とかにもよく載っている「吉廼家」さんの水羊羹
季節によって絵柄が変わるみたいで、この季節は「あやめ豆腐」となっていました。
普通の水羊羹よりも、甘さ控えめでプルンとしてて結構パクパク食べられてしまいます(^_^;)
吉廼家2.JPG         吉廼家3.JPG

そして、もう1つ「吉廼家」さんの銘菓「おとぎ草子
一口大の可愛い和菓子が箱に並んでいます(#^.^#)
これは手土産にぴったり!箱を開けたら、思わず“かわいいー”と叫んでしまいます(*^_^*)
吉廼家5.JPG    吉廼家6.JPG    吉廼家7.JPG

他にも「一休餅」や「白玉ぜんざい」など、美味しそうな和菓子が並んでいます。
場所が、北大路室町とちょっと遠いのですが、通販でも買えるようです。
http://www.kyoto-yoshinoya.co.jp/home.html
時々、デパートにも出店されてるみたいですよ。
吉廼家(よしのや)
住所:京都市北区北大路室町西入ル
TEL : (075)441-5561 FAX : (075)441-0568
営業時間:9:00〜18:00
地下鉄「北大路駅」、または市バス「北大路バスターミナル」バス停下車、西へ徒歩2分
posted by べにちゃん at 22:17| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとしたお土産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

亀屋清永 清浄歓喜団(せいじょうかんきだん)

奈良時代、遣唐使が仏教の伝来と共に日本へ持ち込んだ唐菓子をご存じですか?
亀屋清永」さんが製造されてる「清浄歓喜団(せいじょうかんきだん)」というお菓子です。
京菓子の中で、千年の歴史を昔の姿そのまま、今なお保存されているものの一つだそうです。

最初、どう読むのか・・・っていうところから始まりました(^_^;)
形も不思議ですが、味もちょっと不思議な感じです(^_^;)
しかし、思ってたより美味しいと思いました(*^_^*)

「亀屋清永」さんは、八坂神社の石段下にあります。
亀屋清永.JPG    亀屋清永2.JPG    亀屋清永3.JPG
    
1個入(¥578)・2個入(¥1,155)・5個入(¥2,730)とあって、ゴージャスな箱に入っています(=^_^=)
こしあんに「清め」の意味を持つ7種類のお香を練り込み米粉、小麦粉で作った生地を金袋型に包み純正の胡麻油で二十分、揚げて作ったお菓子・・とのことです。
箱の中には、「清浄歓喜団のお召し上がり方」というのが入っていて、皮が硬いので、底の部分を押し上げるようにして割っていただいてくださいとのことでした。
しかし、ホントに硬くてなかなか割れませんでした(^_^;)
亀屋清永6.JPG    亀屋清永7.JPG    亀屋清永8.JPG
お味はというと、やはり胡麻油の香りがして、香辛料が付いてるこし餡が、なんか懐かしい感じ・・っていうんでしょうか・・ハハ(笑)外はとにかく硬いです。
もうすぐお雛様なんで、かわいい焼き菓子を売ってました。
亀屋清永4.JPG         亀屋清永5.JPG
お手頃なお値段だったので、お土産に良いと思います(^o^)/

亀屋清永(かめやきよなが)
住所:京都市東山区祇園石段下南
TEL:075-561-2181(代)
posted by べにちゃん at 22:50| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとしたお土産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

森嘉の豆腐

1854年創業の「嵯峨豆腐 森嘉 (もりか)」は、清涼寺のすぐ隣にあります。
全て手作業で作られているので、京都の有名な湯豆腐店や料亭もこちらの豆腐を使っています。

有名店なので、たくさんの人が買いに来られていますが、従業員の方もたくさんいらっしゃるのでそんなに待つ事もありません。
森嘉3.JPG    森嘉2.JPG    森嘉4.JPG

森嘉.JPG
こちらの豆腐は、にがりの代わりに「澄まし粉」を使っているそうです。
大豆の香りがして、これが豆腐よね!って感じです(=^_^=)
とっても柔らかくて、いくらでも食べられますよ(●^o^●)
2丁分が1パックで¥400です。


森嘉5.JPG
そして、何と言っても「飛龍頭」(ひろうす)!
ユリ根とぎんなんが入ってすごく美味しいです(*^^)v
一つ¥200です。
絶対お薦めです(*^_^*)



嵯峨豆腐 森嘉 (もりか)
住所:京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町42
TEL:075-872-3955
営業時間:8:00〜18:00
定休日:水曜と火曜不定休7/2・3・30・31(祝日の場合は翌日振替)
市バス・京都バス嵯峨釈迦堂前バス停徒歩2分
posted by べにちゃん at 11:08| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとしたお土産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。